お湯が出ない?

◆まず、お湯の出ない状態の確認をしてください。

   まず状態を確認

<確認1>冷たい水しか出ない、他の水栓(蛇口)からはお湯は出る。

<確認2>冷たい水しか出ない、他の水栓(蛇口)からも、お湯が出ない(水しか出ない)。

<確認3>他の水栓(蛇口)からも、お湯も水も出ない

 

 リモコンの状態を確認

<確認1>リモコンは無い。

<確認2>電源が入らない。リモコンが表示しない。

<確認3>リモコンは表示する。<エラー番号表示はしない>

<確認4>リモコンは表示する。<エラー番号を表示する>

 

 「原因と対策」

<確認1>冷たい水しか出ない(お湯にならない)。他の水栓(蛇口)からはお湯は出る。

◆原因1・・・・・水栓(蛇口)・シャワー水栓等の不具合ではありませんか?
                通常給湯器は、他の水栓でお湯が出て、その水栓のみでお湯が出ないことはありません。(配管は繋がっています)
                水栓の確認をしてください。

 

<確認2>冷たい水しか出ない、他の水栓(蛇口)からも、お湯が出ない。(水しか出ない)

◆原因1・・・・・ガスが遮断していないか・マイコンガスメーター等の遮断。<ガスメーターでランプが点滅状態にないっていませんか?>

          ※ガスコンロなどがあれば着火するか確認してください。<着火すれば、ガスは正常>

イメージ(コンロ火つけ).gifのサムネイル画像

◆原因2・・・・・ガス遮断が無いなら、給湯器の故障が考えられます。<給湯機のリモコンがあればエラーコードなどで確認>


<確認3>他の水栓(蛇口)からも、お湯も水も出ない。

◆操作1・・・・・お家の、元給水入口バルブは開いているか確認してください。

 

<参考>・・・・給湯栓を開いても、お湯も、水も蛇口から出てこないことが、「冬場」の寒波などの時期によくあります。

       この原因は、ガス給湯器の「水入り口配管」や、「給湯配管」が、凍結により流れなくなっている原因が考えられます。

      この対策としては、給水・給湯配管などの保温対策不足が考えられますその  < 対策を講じて下さい。>

また、寒冷地などでは、給水・給湯配管の電気保温対策などを講じることが最善です。(保温材料はホームセンターなどで購入可。)

電気ヒーター.jpg

※このとき注意:給湯栓を開いた状態で放置してないか確認。忘れて外出すると、家の中洪水状態。

<昼近くの温かくなった時間帯で再確認してみてください:ただ、お家の北側に機器を設置している場合、一日中日光が当たらない場所は、凍結が継続することがあります、この場合何らかの対策しましょう。>

参考:冬場に長期間留守にする場合や、気温が氷点下4℃以下になると水道が凍結しやすくなります。屋外、北側で日が当たらない場所、風当たりの強いところ、むき出しになっている水道管などは特に注意が必要です。
 ご自宅の水道は大丈夫でしょうか?天気予報に注意して水道管を凍結から守りましょう


● むき出しになっている水道管は、発泡スチロール製の保温材などで保温してください。また、電熱式凍結防止器を利用する方法もあります。
(取り付ける場合は指定給水装置工事事業者にご相談ください。) 

イメージ(蛇口凍結対策).gifのサムネイル画像

 

電源が入らない?

◆リモコンが表示しない?

◆…リモコンが無い場合

         <確認1> 給湯専用機は、リモコンが設置されていない場合がありますその場合は。

                給湯器本体にある、電源ランプや燃焼ランプが点滅していいないかの確認してください。

 電源ランプが着いていない、

・   電源ランプは付いているが、点滅はしていない。

・   電源ランプや、燃焼ランプが点滅していたら、給湯器のトラブル。

 

◆…リモコンがある場合        


         <確認1>給湯器のリモコンの電源が、ONになっていますか?

              電源ランプが、ONにならない。 ・電源ランプはONになっている。

<確認2>リモコンにエラー番号が出ていませんか。  <リモコンのエラー番号は、時計表示などの位置で数字が点滅>

<確認2-1>電源ランプ、燃焼ランプが点滅していませんか?

     <参考>旧式の給湯器や、簡易リモコンで液晶表示のないリモコンでは、電源ランプや、燃焼ランプの点滅方式でエラー表示します。

    「原因と対策」

  • 電源ランプが、ONにならない。

原因1)給湯器本体に電源は来ていますか。<お家の漏電ブレーカーが作動していないか確認>

原因2落雷などによる「機器本体の電源ブレーカー」落ちはないか?<リセット方法は、給湯器本体の、電源のON/OFF操作>

近所で落雷はあったか?…落雷ありの場合。<落雷による迷走過電流による給湯器機器内の給湯器安全装置の作動の可能性あり>

落雷により、給湯器内部の電子部品が破損することがあります。この場合は電子部品の交換が必要です。<修理費は高額となります>

△耳寄りな話

落雷による機器破損は、損害保険「家財総合保険」などで保証の対象になっている場合があります。その場合、修理費は全額損害保険会社が負担保証していただけます。保険の種類によって違いがあります。損害保険会社に確認必要。

 

<原因3>最近、温暖化などの影響か、集中豪雨や大型の台風がよくあります。

このような気象状況下においては、ガス給湯器内部への雨水の浸入により給湯器内の漏電ブレーカーが作動したり、給湯器が着火しない事があります。

イメージ(大雨).gif


ガス給湯器は通常ある一定内の気象条件は、考慮して作られていますが、一定量以上になると雨水の浸入は当然あります。

      1)雨水の侵入による、機器内部の漏電ブレーカーの作動

      2点火装置(スパークプラグやコード)の湿気による電気 の短絡
      3)機器内部の各種通信ケーブルの湿気による誤作動
      4)古くなった機種では、永年の機器内部へのホコリやゴミの付着物が湿気る事によりトラブルが発生しやすくなります。

 

<対策>1)集中豪雨時や台風時にガス給湯器がご使用できないときは、少し日にちをおいて(丸1日程度)から再度操作してみてください。

        (内部の乾燥により復帰する場合が多い)

    2)少しの雨でも内部の湿気による着火ミス現象は上記の3)が考えられます。

内部の掃除(メーカーへ依頼)か、もうソロソロ買い替え時期では。この修理は、メーカーでもなかなか最終対策は難しいようです。

    <メーカーへの依頼は、当然サービス費用が掛かります。>

…2日程度待つ忍耐も節約術…それでだめならメーカー依頼

※注意…機器に雨が掛かることを防止する為給湯器全体に囲いをすることは止めましょう。<事故の元>
        …するなら庇程度(※不燃材使用の事)

 

 電源ランプは、ONになっている。

リモコンの液晶表示がある場合は、エラー番号は出ているか?(当サイト内に、エラー番号による不良箇所案内あります)

<参考>液晶表示がない機種の場合。電源表示ランプや、リモコンの給湯燃焼表示ランプなどが点滅している。

      点滅のパターンは?<メーカーへアフターサービス依頼する時の症状報告の重要な要素になります。>

<対策>一度、給湯栓を閉じて、再度給湯栓を開けてみての症状はどうですか?

前と同じの症状か。冬などの、寒い時期などでは、朝一番のガス供給密度の関係で、ガスへの着火が不完全な場合があります。

<対策> 3回-5回程度同じ操作を繰り返してみて症状を確認してみてください。

      これで駄目なら、メーカーへメンテ依頼

 

★ガスの供給不足は無いのか?

<確認1>ガスコンロに火はつきますか?→火がつけばガス供給の問題は一応は無い。

<参考>プロパンガスは残ガスが少なくなると、ガスコンロ程度は着火してもガス給湯器は給湯能力に比例して必要な大量なガ

スの発生量が確保できない場合ミス着火現象があります。…念のために確認。

<参考>単身者用マンションやアパートなどでは、コンロが電気調理器などの場合は、念のためガスマイコンメーター部の遮断は無いか確認く

ださい。

イメージ(ガスボンベ).jpg

(理由は、下部に記載)

<確認2>ガスコンロなどの火がつかない。

 

      <参考>ガス切れ

      プロパンガス使用のお客様は、確認が必要。

  <参考>ガス供給の、マイコンメーターの遮断は?

       (都市ガス家庭、プロパンのご家庭両方あり)

<原因>マイコンメーターガス遮断の原因(安全装置の作動)

(1)    長時間お湯の出しっぱなし。

       …単身者アパートなどでよくありますので注意。

       <参考:お湯の出しぱなし、30分程度以上でマイコンメーター遮断。>の可能性あり 

     (2)地震などの発生…震度4以上位で作動。

      (3)ガス配管のガス漏れによる緊急遮断。    

(ガス給湯器能力とマイコンメーターのセット方法により違いあり)

マイコンメーターの安全装置作動の確認
1)ガスマイコンメーターのある設置場所へ行き、赤ランプが点滅していないかの確認。
2)点滅している場合は、マイコンメーターの復帰方法に従い操作してみる。

<資料>マイコンメーター参考図(メーカーにより形が若干違います)

イメージ(ガスメーター).jpg

3)安全装置が復帰しない場合は、

   ガス漏れの危険性大 即ガス会社に連絡

上記について対策したが、お湯にならない症状がある場合は

元電源のリセット操作(ガス給湯器電源コンセントの抜き差し)で復帰する場合もあります。
(この操作は、最近のガス給湯器はマイコンなどの電子部品で精密にコントロールされています。
一度電源をリセットすることで、エラーなどを解除することが出来る場合があります。
ただ、この操作は、メーカーに一度確認が必要です。)

【注意】

元電源のリセット時は、リモコンの表示が初期値に戻る場合がありますのでリモコンの再設定操作が必要となりますので注意ください。

               マンションなどのように、機器にコンセントが無く電気配線が直結されている場合に、止むおえず、お家の電気元ブレーカーを落とす場合は

                 パソコンや、電子関係の機器、時計表示などに支障が出る場合がありますのでくれぐれも確認ください。