ガス給湯器から水が漏る?

【耐久年数の関係】熱交換機部にある給湯管内部の摩耗でピンホール状態により水漏れ

通常給湯器の熱交換機部にある配管は、15年程度の耐久があると言われていますが、使用頻度により耐久年数を過ぎてしまうものがあります。この場合は、最低、熱交換機部分の交換修理が必要です。
ただし、メーカーの供給期限は、その機種の生産をやめてから、基本が10年(日本ガス石油機器工業会の自主基準)です。
また、給湯器の熱交換機は、サービス部品が、5万から7万程度と非常に高くなります。この場合は給湯器本体の買い替えが通常です。

給湯器の、水量弁や電磁弁周りの緩みなどによる水漏れ。

給湯器内部の、水やお湯回路のつなぎ部分の緩みが考えられます。一度メーカーに点検してもらってください。
ただ部材の個所により、高額修理となる場合がありますので注意。
<注意>事前に修理金額を聞いてから、修理依頼しましょう。
10年を過ぎた部費交換は、機器の耐久年数の関係で買い替えを考える時期と考えます。

冬の寒い時期に起こる、給湯配管や、給湯器内部の凍結破損

通常給湯器は通電していれば、-15℃程度までは給湯器の内部にある、電気ヒーター保護回路が働きますが、次のような原因で発生します。

●この保護回路の作動不良

●長期外出時に家の元電源ブレーカーを落としている場合(単身用アパートに多い)

●新築時の、入居前の業者の管理ミス(電源を入れていない)

<寒冷地で、-10℃以上になる地域は、給湯器の水抜きを考慮する必要があります>