自動お湯張り温度にばらつきがある。  

 

自動お湯張りに温度のばらつきがある

症状1 自動お湯張りしたとき、設定温度より低い。

    確認1、 設定温度と、どの程度の温度差があるか。

       ●沸きあがりが1?2℃低い ・・・・給湯器のお風呂の自動湧き上がり温度は、設定温度より1から2℃程度差がある場合があります。

                        この原因は、給湯器本体でセンサー感知しており、お湯張り経路が長い場合は途中での熱損失がある。

                              <メーカーの見解では、センサーに多少の誤差はあるとのこと。1から2℃は許容範囲とのこと>

       ●沸きあがり温度が3℃以上低い・・・・・・・

            1 、追い焚き口のフィルターの目詰まりはないか確認<フィルターは、一週間に一度ぐらいは掃除してください。>

2、追い炊き金具の不具合<撹拌不足>・・追い炊き金具の不具合で吸い込みと吐き出しのバランスが崩れている。

3、給湯器本体のセンサーの不具合の可能性あり。<メーカー連絡確認しましょう>