追い焚き方式の違いは?

1. 強制追い焚き方式 浴槽の追い焚き口が一穴
2. 通称「隣接」追い焚き方式 浴槽の追い焚き口が二穴

追い炊き方式はどちらがいいか

基本的には最近では、強制追い焚き<一穴タイプが主流>
新築やリフォーム時の設定は、一穴タイプが普通

隣接タイプは、ふろ外釜からの発展で、買い替え時に適応した商品。
ただし、最近の隣接タイプも構造的には、ポンプ追い焚きを採用しており構造的には、強制とあまり変わりが無い。

1. 追い焚きつなぎ部分を変化させているだけ。
よって昔のように湯垢が大量に湧き出てくることは少ない。

2. 2穴から一穴の強制追い焚きに変更する場合は、工事費が約15000程度高くなる。
<金具交換、追い炊き配管手直し費用等>