真冬の凍結予防対策<水もお湯も出ない>

給湯栓を開いても、お湯も、水も蛇口から出てこないことが、「冬場」の寒波などの時期によくあります。
この原因は、ガス給湯器の「水入り口配管」や、「給湯配管」が、凍結により流れなくなっている原因が考えられます。

対策としては、給水・給湯配管などの保温対策不足が考えられますので、対策を講じて下さい。

また、寒冷地などでは、給水・給湯配管の電気保温対策などを講じることが最善です。(保温材料はホームセンターなどで購入可。)

<市販用電気ヒーター保護材見本>

電気ヒーター.jpgのサムネイル画像

※トラブル時:このとき注意:給湯栓を開いた状態で放置してないか確認。忘れて外出すると、家の中洪水状態。

昼近くの温かくなった時間帯で再確認してみてください:ただ、お家の北側に機器を設置している場合、一日中日光が当たらない場所は、凍結が継続することがあります、この場合何らかの対策しましょう。

参考:冬場に長期間留守にする場合や、気温が氷点下4℃以下になると水道が凍結しやすくなります。屋外、北側で日が当たらない場所、風当たりの強いところ、むき出しになっている水道管などは特に注意が必要です。

ご自宅の水道は大丈夫でしょうか?天気予報に注意して水道管を凍結から守りましょう。

●むき出しになっている水道管は、発泡スチロール製の保温材などで保温してください。また、電熱式凍結防止器を利用する方法もあります。
(取り付ける場合は指定給水装置工事事業者にご相談ください。)

イメージ(蛇口凍結対策).gif